競争率の高いネイリスト求人は早めに応募!

他社から引き抜きを図る

女の人

他社から人材を引き抜き

自社のビジネスを伸ばしていく中で、その核になるのが人材ですが、どうしても自社内の人的リソースでは対応しきれないことがあります。そうした中で通常の中途社員を求めるのではなく、他社からある特定の人材を引き抜くことがあり、そのことをヘッドハンティングと呼びます。ヘッドハンティングは基本的には、経営層や管理職といったミドル層と呼ばれる年代の方をターゲットにしますが、必要に応じてさらに若手社員になることもあります。特にある特定の分野に進出するときには、その分野にすでに参入している競合他社から人材を引き抜くことで、ノウハウまで獲得できるという利点があります。ヘッドハンティングは、外国では多く行われており、日本でも外資系企業を中心に昔から行われていましたが、最近では日本国内企業も使うことが多くなってきています。これは人材の確保が難しいことはもちろんそうなのですが、ビジネスの速度が上がり、迅速に展開するためには、ノウハウを持った人材を投入したほうが良いという判断もあります。ヘッドハンティングするときには、人材紹介会社などを通じて、希望する人物像と年収などを連絡して、人材を調査してもらうことになります。人材紹介会社はその依頼に基づき、過去からの調査も含めて、適切な人材を探して、企業に提案するとともに、その人材にもアプローチをします。これにより双方で合意が取れれば、企業は適切な人材を確保できますし、人材紹介会社は成功報酬を得ることになるのです。ヘッドハンティングは新しい人材確保の方法として、日本でも広まっており、着実に成功事例を増やし、評判がよくなっているのです。